旧「保存車両活用研究会」初めての活動~オユ10車体補修作業

1998年4月11日(土)~13日(月)

当会の前身「ふるさと鉄道保存協会」よりも以前、協会のさらに前身である「保存車両活用研究会」が1998年に発足し、のと鉄道様からオユ10の譲渡を受けて保存活動を開始しました。その初めての活動である車体補修作業を甲駅で実施しました。同年10月に開催する第1回一般公開「オユ10まつり」に備えて車体を美しく整備するためです。長年にわたり海辺の駅に屋外留置されていたため、青いはずの車体色は退色し、特に海側側面の腐食が激しく、浮き上がりの塗膜除去、錆落とし、青色15号塗料による塗装を行い、一般公開の準備を整えました。

4月11日

  
           長年の
風雨により灰色っぽい車体に                                      全体に錆びも発生                                         山側の側面は多少腐食が少ない

 
浮き上がり塗
膜の除去                   終えると錆び色の部分が多数

4月12日

  
                                                                                                     錆止め塗料の塗布は広範囲に
 

 
                                                                                                                                          視察に訪れた関係者に説明

4月13日

 
                                   青色15号
塗料の塗布                                                                        全体に塗り終えて完成!

inserted by FC2 system