オユ10 2565応急補修作業

2001年7月10日

今回の作業は車体外観(特に側扉)の塗膜剥離が著しく美観を損ねるため、次回の補修作業までの応急処置としました。
最も腐食が顕著であった海側の側扉(小包締切郵袋室、両開き扉)を補修するため類似色のスプレーペイントを使用し塗装部分の周囲をマスキングして作業を行いました。事前に不要な塗膜を剥がしましたが錆は除去するに至らず、上塗りするにとどめて応急補修としています。

   
   錆取りの上に塗装を繰り返して         大きく塗膜が剥がれた側扉部             車体側面に錆が目立ってきている         郵便車のシンボルである郵便
   いるため外板がデコボコしている      戸袋部も錆びつき扉の開閉も困難     海に面しているため潮風の影響が        マークも退色してきている
   本格的な下地処理が必要

   
            剥がれた塗膜の除去作業                      スプレーによる仮塗装作業                          仕上げ作業                外観を整え 、きれいになった扉部分
                                                                                                                                                                                         次の補修作業まで充分な仕上がり

 

inserted by FC2 system