オユ10車体補修・塗装作業

2002年8月22日(木)~25日(日)

1998年に入手交渉してすぐに車体補修と塗装をしたオユ10ですが、海沿いの甲駅構内に屋外留置していますので塩害による腐食の進行が激しく感じられます。そこで保存4年めの一般公開「オユ10まつり」を控えた4日間、ふるさと鉄道保存協会会員4名が協力ボランティアの方々2名のお力を借りて車体補修、塗装作業を実施しました。車体に発生した錆発生箇所の研磨、錆止め塗料の処置は90箇所にわたり、最後に国鉄客車指定色である青色15号に特別に調合した塗料で塗装して美しく仕上げました。晴天にも恵まれ、8月ながら心地よい風が吹く中で塗料の乾きも良かったので作業は円滑に進みました。また、石川テレビ、北陸朝日放送の各テレビ局に収録、放映を、北陸中日新聞、北國新聞に取材、掲載をしていただきました。

   
                     作業前の状態                
錆びで塗装が剥がれ穴が開いた箇所      窓まわりは慎重な施工が必要                山側は意外に錆が少ない

  
                                                                         作業責任者
からの指示が記入された写真を手に錆取り開始 

 
                                                                                 錆取り
、研磨のあと、白い錆止め塗料を塗ってゆく

  
                           錆止め塗装後
の状況 施工箇所の多さがわかります いかにも新聞広告のマスキング箇所が目立つ 

  
           側扉から
全体塗装にとりかかる                      女性テレビレポーターもお手伝い                         全塗装を終えて輝くオユ10

 

 

inserted by FC2 system