第8回一般公開「甲駅ファイナル・オユ10まつり」

2004年9月19日(日)・20日(月)

オユ10が昭和61年に廃車のあと保存地となった、能登線甲駅が翌年の春に廃止されることとなりました。関係機関との協議が整い、今後の保存地を七尾線能登中島駅に決定しましたので、甲駅では最後となる第8回一般公開「甲駅ファイナル・オユ10まつり」を開催し、甲駅に別れを惜しみました。
公開車体補修作業も能登中島駅移送前に少しでも劣化を防止して状態を維持できるように実施しました。
これまでの一般公開はホームのお客様を車内に案内するにあたり、下り列車の発着がない時間帯に線路を横断していましたが、能登中島駅では本線横断を必要とせず、跨線橋もあります。これまで、甲駅で安全に見学者をお迎え、お見送りできたことは何よりです。

     
        鉄道の日ヘッドマークを掲出          見学者の通路を草引きしてきれいに                                 車内作業実演と体験もここでは最後…

  

            18年ぶりに郵袋室のドアが外れる!                             ドアのない開口部から外を見る                               電動工具を使いみんなで錆落とし

   
            特に錆のひどかったところを磨き出す                     バッテリーを比較的新しいものに交換             夜間作業で尾灯、車内灯を点灯し夜汽車の復活!

inserted by FC2 system