大阪鉄道郵便局本局跡(旧大阪中央郵便局内)

2017年9月26日

大阪鉄道郵便局は大阪中央郵便局と共に全国郵便輸送の中核で全国では屈指の組織規模を有する鉄道郵便局でした。輸送の歴史をさかのぼると、明治7年に大阪神戸間、明治9年に京都大阪間の鉄道が開通し、順次汽車逓送が行われた時とされており、同22年には東京神戸間が全通し、翌年からは神戸郵便電信局鉄道郵便係による乗務が始まりましたが、このとき大阪奈良間(現JR関西本線)の郵便輸送にあたり、乗務を大阪郵便電信局が担当することとなり、これらが大阪鉄道郵便局の前身と考えられます。そして同34年に神戸鉄道郵便局、大阪鉄道郵便局が独立して発足し、その名が生まれました。ただ、名古屋~神戸~糸崎という本線系統が神戸鉄郵の、大阪、京都から分岐する支線系統が大阪鉄郵の乗務区域で、神戸鉄郵の分局のような存在であったことは否めません。ところがその年に日露戦争による行政整理で神戸鉄道郵便局が廃止されると大阪郵便局鉄道郵便課に改称され、その後の同43年に再び鉄道郵便局として復活するも、大正3年にはまたも第一次世界大戦の行政整理で廃止され、神戸鉄道郵便局大阪派出所と名前を変え神戸鉄道郵便局の下部組織となりました。そして、名実共に大阪鉄道郵便局が確立されたのは1935年(昭和10年)3月18日で、神戸鉄道郵便局の廃止に伴うものでした。当初は大阪駅前にあった梅田郵便局内に開設され、昭和14年8月19日、大阪駅に隣接して建造された鉄筋6階建ての大阪中央郵便局庁舎内に移りました。当初は乗務課もここにありましたが、鉄道便、乗務員の増加により手狭となったのか大阪駅高架下郵便室に移り、局長室、内勤各課が執務を続けました。特に、中央郵便局の一角に独自の玄関を設けて局名看板を掲げていたことから、中央郵便局庁舎の中で際立った存在感がありました。乗務、駐在業務を大阪駅郵便室で行う一方で、本局は業務計画、指揮、国鉄・運輸各社との折衝、訓練、福利厚生といった職務を担い、最後まで残った東京門司線が廃止された1986(昭和61)年10月1日に廃止されました。

大阪中央郵便局5、6階の鉄道郵便局(本局)は、局長室、内勤各課(計画、庶務)が5階、宿直用寝室が6階にあり、駅に最も近い一角に専用の玄関を有し、入ったところには守衛が執務し、エレベーター、階段により5、6階と連絡していました。

廃止後は中央郵便局の部屋として転用され、旧鉄郵玄関は、郵政相談所への出入口となりました。郵政民営化後に大阪中央郵便局ビルを建て替える方針が決まり、大阪中央郵便局の機能は窓口事務を駅前ビルに移転させ、集配事務は北大阪郵便局に移転したため、庁舎はほとんど空室となりました。その時点では入口脇の壁、縦に取り付けられた蛍光灯の下に「大阪鉄道郵便局」の看板が取り付けられていたと想像できる跡がありました。

旧鉄郵玄関があった庁舎の東北角は大阪駅に最も近い場所であるため、庁舎閉鎖後も営業施策上から年賀はがき等の販売ボックスが置かれましたが、2012年に庁舎が解体され、更地でテントを出して街頭販売が行われていました。その後は敷地の西側一部(発着駐車場だった区域)に規模を縮小した新庁舎を建てた上で2013年5月から窓口事務を再開したものの、2016年7月には早々に閉鎖され、局は駅前ビルに再移転して新庁舎は短命で解体されます。旧庁舎跡地は大阪駅寄りのほとんどの敷地を売却し、現在はイベント開催施設となりましたので、鉄道郵便局を偲ぶ跡地はありません。     

     
             廃局前、1986年の                            執務中の経理係      廃局後に部屋が他部門に転用された  南北廊下(2009年3月7日許可を得て撮影)
             鉄道郵便局本局玄関                                                         5階の旧鉄道郵便局東西廊下

    
            鉄道郵便局看板撤去の跡                   玄関跡に設置された販売ボックス        移転告知のポスター            解体前にはフェンスで閉鎖
                                                                                                                                           が貼られ扉は閉鎖
                                                                                                                                           (2009年4月16日)

  
        庁舎が解体されテントによる営業を継続                   鉄道郵便局の真下(跡地東半分)は                    跡地西半分に中央郵便局新庁舎が
        (2012年12月13日)                                                       イベント施設に(2016年6月11日)                         オープンしたが…

 
                             わずか
3で足場に囲まれ解体されました(2016年9月9日)

inserted by FC2 system