大阪鉄道郵便局本局跡(旧大阪中央郵便局内)

2017年1月24日

大阪鉄道郵便局は全国では屈指の組織規模を有する局で、最後まで残った東京門司線が廃止された1986(昭和61)年10月1日に廃局されました。

乗務、駐在の業務は国鉄大阪駅高架下にある各乗務課が担当しましたが、駅に隣接していた大阪中央郵便局の5、6階に鉄道郵便局(本局)があり、局長室、内勤各課(計画、庶務)が5階、乗務員寝室が6階にあり、駅に最も近い一角に専用の玄関を有し、入ったところには守衛が執務し、エレベーター、階段により5、6階と連絡していました。

廃止後は中央郵便局の部屋として転用され、旧鉄郵玄関は、郵政相談所への出入口となりました。郵政民営化後に大阪中央郵便局ビルを建て替える方針が決まり、大阪中央郵便局の機能は窓口事務を駅前ビルに移転させ、集配事務は北大阪郵便局に移転したため、庁舎はほとんど空室となりました。その時点では入口脇の壁、縦に取り付けられた蛍光灯の下に「大阪鉄道郵便局」の看板が取り付けられていたと想像できる跡がありました。

旧鉄郵玄関があった庁舎の東北角は大阪駅に最も近い場所であるため、庁舎閉鎖後も営業施策上から年賀はがき等の販売ボックスが置かれましたが、その後庁舎が解体され、更地でテントを出して街頭販売が行われていました。その後は敷地の西側一部(発着駐車場だった区域)に規模を縮小した新庁舎を建てた上で窓口事務を再開したものの、今年7月には早々に閉鎖され、局は駅前ビルに再移転して新庁舎は短命で解体されます。旧庁舎跡地は大阪駅寄りのほとんどの敷地を売却し、現在はイベント開催施設となりましたので、鉄道郵便局を偲ぶ跡地はありません。     

  
    廃局前、1986年の鉄道郵便局本局玄関              廃止後に部屋が他部門に転用された              南北廊下(2009年3月7日許可を得て撮影)
                                                                                     5階の旧鉄道郵便局東西廊下

    
            鉄道郵便局看板撤去の跡                   玄関跡に設置された販売ボックス        移転告知のポスター            解体前にはフェンスで閉鎖
                                                                                                                                           が貼られ扉は閉鎖
                                                                                                                                           (2009年4月16日)

  
        庁舎が解体されテントによる営業を継続                   鉄道郵便局の真下(跡地東半分)は                    跡地西半分に中央郵便局新庁舎が
        (2012年12月13日)                                                       イベント施設に(2016年6月11日)                         オープンしたが…

 
                             わずか
1年で足場に囲まれ解体されました(2016年9月9日)

inserted by FC2 system